ダイエットの停滞期はどれくらい?

MENU

ダイエットの停滞期はどれくらい?いつから?

減量をして一度は経験したことがあるのではないかという停滞期ですが、それによって上手くいっていたダイエットが中断されりモチベーションがさがり続かなくなってしまったこともあるのではないでしょうか。調子よく体重も減少し目標まであと少しといったところで、突然変わらなくなってしまい理由もわからずに手をこまねいていたという方もいることでしょう。

 

最初1~2週間は順調に2,3Kg減っていたのに突然変化しなくなってしまい、そして増えてしまったという人もいるようですね。やる気もなくなり「もうどうでもいいかな」なんて思う人もいるはずです。しかしダイエットの際に停滞期をきちんと理解することで前に進むこともできますし、成功できるとも言えるようですよ。

 

ここではそのメカニズムと対処法を紹介したいと思います。まさにその時期を迎えている人には必読となっていますので最後まで読んで参考にしてくださいね!

 

【生命を守るための停滞期と上手に付き合おう!】

 

個人差はありますが、ダイエットを始めてから1ヵ月後又は体重の5%の減少によりおきるとされているようです。それには体を守るためや維持するためにホメオスタシス機能が働き栄養の吸収率を上げ、カロリーの消費を最小限に抑えこれ以上の体重の減少をとめようと働きだします。

 

ですので食べる量をもっと減らせば良いというものではなくそうすることで逆効果となりドカ食いしてしまう恐れもでてきてしまします。大抵は2週間~1ヵ月ほど続くとされていますが停滞期と上手に付き合うことで目標達成することも可能となるようです。

 

まずダイエットには停滞期はつきものだと理解し諦め、覚悟しましょう。そうすれば気持ちも落ち着きますし、慌てることもないはずです。いつも通りの運動メニューや食事をおこなうことでホメオスタシス機能は落ち着きますので、一定の期間が過ぎることで効果がでてくるようになるようです。

 

しかし運動なども同様におこなっている場合では見直しも必要と考えられます。トレーニングしている際にいつもの量でも軽く感じるようになったら、少し負荷をかける必要があるようです。そうすることで乗り越えたときに効率よく体重を落とすことができるとなっているようです。

 

筋トレでしたら回数を増やしたりジョキングの場合では少しぺースをあげて距離をのばすなど工夫をしてみましょう。もしくは新しい運動法を取り入れることで気分もリフレッシュできますし、違う部位での引き締め効果も期待できますのでおすすめとなっています。

 

そして今一度食事のメニューの確認もしてみましょう。自己流での減量ではどうしても栄養が偏ってしまうことも考えられますので、ネットでも栄養素など書かれた本でも参考にして確認してみましょう。本当は必要な栄養素なのに自己判断で摂取しなかったばかりに体調を崩したり、便秘気味や貧血などの可能性もでてきますので見直ししてみましょう。

 

いかがでしょうか。これから始める人やすでに挑戦している人では停滞期を乗り越えてこそ成功の道が見えてきますので、理想のボディ目指して頑張りましょう!